【中華ダックス】ブレーキフルードの交換方法【DIY】

整備

中華ダックスのフロントブレーキは始めからディスクブレーキ化されているのだが、効きが少し悪い。それと始めからタッチが少し柔らかいのが気になっていたので、ブレーキフルードを交換する。

ブレーキフルードの交換方法には、中華だからといって特別なことはないが、作業ミスによりブレーキが効かなくなる危険性もある。交換作業に不安がある方は決して一人では行わず、できない場合は素直に陸運局認定の整備工場にお願いしましょう。本サイトを参考にした後何らかの事故が発生したとしても、当方は一切の責任を負いません。

スポンサーリンク

ブレーキフルードの交換方法

まずはハンドル上にあるフルードのサブタンクの蓋を開ける。プラスネジ2本で止まっているだけで、内側にあるゴムの蓋も一緒に外す。元のフルードはすでに黄色い…。

注射器やスポイトなどを利用して、サブタンク内の古いフルードをある程度抜く。

交換するフルードはKYK BF-4を用意した。一般的なDOT3かDOT4を選べば問題ない。

新しいフルードをサブタンクの中に入れる。

ブリーダープラグに8mmのメガネレンチをはめて、適当なシリコンホースをブリーダープラグに被せる。シリコンホースの反対側にはペットボトルなどの適当な受けを用意する。あとは、

  1. ブレーキレバーを握る
  2. ブリーダープラグを30度ほど緩める→ブレーキフルードが排出される
  3. ブリーダープラグを締める
  4. ブレーキレバーを戻す
  5. 1~4を繰り返す

の手順で作業する。ワンマンブリーダーがあれば、ブリーダープラグを締めたり緩めたりする作業が不要になる。

ボッチなのでワンマンブリーダーを自作する
ブレーキフルードの交換は2名以上で行うべきだし、3人いると素晴らしくはかどる。でも僕みたいな友達の少ないボッチは一人で作業するしかない…。そのためにはワンマンブリーダーが必須アイテムだ。ワンマンブリーダーって何?ワンマンブリーダーって何かと

ブレーキレバーを素早く戻すとサブタンクからブレーキフルードが飛び出す場合があるので、戻す時はゆっくり戻す。また徐々にサブタンクのフルードが減ってくるので、その都度フルードを継ぎ足す。

新しいフルードがブリーダープラグから出てくるようになったらOK。ブリーダープラグがしっかり締まっていること、サブタンク内のフルードが適量であることを確認して、サブタンクの蓋を閉める。

サブタンクを締めたのちに、のぞき窓からフルードの量を確認。これぐらいならOK。

抜いた中華純正ブレーキフルード。なんだかちょっと変わった匂いがする…。

KYK BF-4に交換したらブレーキのタッチが元に比べてかなりカッチリした。

コメント